<< 一本道 | main | 神経性? >>
クンママ入院だ






















カテゴリ:ぼくんちの健康管理 | 14:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
コメント
先日お正月料理の際にコメントさせて頂き、お返事を頂いた果報者です。びっくり致しました。
どうかくれぐれもご自愛くださいませ。病院食を拝見するのも貴重ですが、クンママの手料理が一番映えます。お花を届けられない代わりに心からのお見舞いの気持ちを送らせて下さい。
| MA | 2014/03/16 8:30 AM |
MAさん♪

お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
ご心配いただいて本当にありがとうございます。

友人たちにも特に知らせていなかったので、このブログを
見て何人かから心配して連絡を頂きました。
腫瘍としか書いてないから内蔵とかにできたと思われた人も
いらしたのですが、実際は肩にできた脂肪腫というもので
放っておいても良いくらいのものなんです。ただ直径が
7〜8センチと大きく首に近い位置なので神経などを圧迫
したりすると厄介なのと、可能性は低いけれど悪性の場合も
あるので摘出して生体検査をしたほうが良いでしょうって
お医者様から奨められたので、嫌でしたけど(-_-;)仕方なく
手術することにしました。

首に近いことと大きいことから、部分麻酔は無理なので
生まれて初めて全身麻酔をすることになりました。
スイスの姉の友人が有名な外科医なので都心の大病院の
外科部長さんを紹介して下さいました。比較的簡単な
手術ですから執刀は若手の先生でしたが、腕ききの先生で
予定時間90分を50分で手術してくださり、
内部は体内に吸収される糸で縫い皮膚の表面はテープで
留めただけ。だから抜糸の必要もないし3週間が過ぎて
傷痕は細い赤い筋が5センチほどであまり目立ちません。
もうデコルテのあいた服は着れないな〜って思ってたけど
大丈夫かも^m^

生体検査の結果も良性でしたし、もしかしてと不安を抱え
ながら温存するより余計なものを取り除いてもらって
スッキリしました。
でも、もう入院はしたくないな〜〜
(お料理は見た目はイマイチですが、おだしを利かせて薄味
に仕立ててあって、お味はなかなかでしたよ。患者さんによって
色々な制限のある中の料理は大変だと思いますが、良く研究
されていると思いました。)

たった5日間でしたけど、一か月くらいに感じましたし、
自由に動けないもどかしさはホントに辛いものですね。
健康でいることのありがたさを改めて思い知らされました。

そして心配してくれる人がいる幸せも♪
きすけはお腹に心配が出ちゃったから、可哀そうでしたが
ホントに愛おしい〜〜って思います。

もう心配をかけないように、健康に気をつけて、オッチョコチョイ
だから怪我したりしないようにも気をつけて生きていこうと
思います。

MAさん、本当にありあとうございました。





| クンママ | 2014/03/19 1:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kisukewhite.jugem.jp/trackback/734
トラックバック