<< バースデーケーキ | main | クンパパの新兵器 >>
帰っちゃうの
ケーキ食べた後は玄関でお昼寝さ



お昼寝から目が覚めたらぼん兄さんが「きすけ、遊んでやるよ」って
き「ひゃ〜っ、うれしーい」
ぼん&き「ガウガウッ」



めい「わーい、ぼんぼんがガウガウできるなんて、よかったー」
ぼん&き「ガウガウ、ガウガウッ」
アル姉「40キロ対34キロの戦いね、迫力あるー」



ぼん&き「ガウガウしたらのどが渇いたね」



めいさんがクンタ兄さんのお墓をお参りしてくれた



き「ぼん兄さん、もう帰っちゃうの」
ぼん「daisukeさんが待ってるからね」



き「ぼん兄さん、めいさん、daisukeさんとまた来てねー」
ぼん「きすけ、いい仔にしてたらまた来るからね」
き「うん、いい仔してるよー」



き「あーあ、ぼん兄さん、行っちゃった」



き「つまんないから、いたずらしてやる」
アル姉「まだ、私がいるじゃない」
クマ「アルル姉さんには無理やりもう一晩泊まってもらうことにしたのよ」
き「ワ〜イ、じゃあ、夕ごはんのあと遊んでね」
クパ「ワ〜イ、また一緒に酒が飲めるぞ」
アル姉「ハイハイ」


カテゴリ:人や犬のお友だち | 18:00 | comments(4) | trackbacks(0) | -
コメント
プロレスごっこ、やってくれた〜♪
ぼんちゃんスゴイぞ〜(o^-^o)
きーちゃんも「待ってましたぁ!」ってばかりに
喜んでドッタンバッタンしてましたね♪
見ている私達もなんか、嬉しかったなぁ〜

めいsanとぼんちゃんが帰っちゃった後のきーちゃん
ショボーンってしててすっごい寂しそうでした・・・

延泊させてもらい、きーちゃんとまた遊べて
また宴ができて、クンパパsanと携帯話でカタログ見て、
楽しい時間過ごせました。

今回も、沢山贅沢させてもらって
なんて幸せ者な私なんでしょう・・・
それもこれもクンタkunとの出会いですよね。

ありがとうざいました!
| アルル姉 | 2010/08/30 1:25 PM |
大喜びでぼん兄と遊ぶきすけを見るともう一頭とも思うのですが、体力的にもうトシですからね。
アル姉が帰っちゃったあと、きすけはもっと落ち込んでいました。クンパパも晩酌の相手がクンママだけに戻ってしまって寂しかった。
そうそう、一緒に携帯のカタログ見てあれこれ話していたのが今回の衝動的機種変更の引き金になったのかもしれませんね。またいつでも軽井沢に遊びに来てください。いっぱい贅沢?させてあげますから。クンパパ&クンママはいつも「あんな娘が欲しかったね」と話しています。
| クンパパ | 2010/08/30 6:41 PM |
そう!
この、きーちゃんとのガウガウプロレスごっこ。
コレを見られて、私は「一人でのロングドライブでも、ぼんたを連れて来て良かった!!」って心から思いました。***ヾ(≧∇≦)ノ"***
ぼんたが、まだこんな風にじゃれて遊べるなんて、本当に嬉しかった。
10歳越えて、やはり足腰が弱くなってきていますから・・・
でもきーちゃんいてくれたら、まだまだ元気に遊べるかな?
(ホント、もう一頭いたらまた違うかもと思いますですよw)

お先に失礼する際には、私たちもほーんと寂しかったぁ〜
後ろ髪引かれる想いとはまさにこのこと!
「やっぱり私たちももう一泊するぅ〜o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o」って言いたかったです。。。

今回も、楽しくて美味しくて思い出深い軽井沢滞在をさせていただきました。
いつもいつも(何度言っても言い足りない)ありがとうございます。
またどうぞぜひ、ぼんたも元気なうちに、御一緒させてくださいませ♪
ヨロシクでーす!ヾ(=^▽^=)ノ

※PS:ブログ再開しました♪
で、早速ツイッターで連載していた「実況・ぼんた、軽井沢へ行く」シリーズをブログに転載しなおしましたよ音符
その記事で、「きすけっち」のいくつかの記事にリンクを張らせていただきました<(_ _)>
御了承下さいませ♪
| めい@さんぼ家 | 2010/09/13 8:59 PM |
めいさん♪
そう!あのガウガウ・プロレスごっこが見れて
ぼんチャンまだまだ元気だ〜〜!!ってとっても嬉しかった!!
きすけが元気の素になれるなら、いつだって貸出しちゃう・・いや、やっぱり遊びに来てもらった方がいいかな?
今度はdaisukeさんも一緒にね(^_-)-☆

私達もめいさんだけ帰っちゃって淋しかったし、きすけなんか頭の上に吹き出しが出て『ガックシ』って書いてあるみたいだった。
ぼんチャン、元気で長生きしてね!!

ブログ再開!嬉しいです!アナログなクンママはやっぱりツィッターはちょっと疲れるみたいです^m^
| クンママ | 2010/09/14 10:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kisukewhite.jugem.jp/trackback/308
トラックバック